カテゴリ:ぼたんちゃん( 8 )

2011年 08月 30日
ぼたんちゃん、無事、お届け完了。
先日、保護猫ぼたんちゃんを、東京から横浜のY様宅まで、
無事にお届けする事が出来ました。
f0157400_1391537.jpg

我が家での最後の朝。フトンの上で入念に毛づくろいをするぼたん

f0157400_1323774.jpg

いい気持ちそうに寝てます


我が家を出る前、ぼたんは千鶴にお別れのご挨拶をし、
キャリーケースに入れられ、車に乗り込みました。
f0157400_1425052.jpg

最後のツーショット



車の中では、しばらく不安そうに鳴いていたぼたんでしたが、
やがて落ち着き、キャリーの中で少し眠ったりもしました。
行きの車の窓から東京スカイツリーが見えました。
f0157400_15818100.jpg

東京の空は狭い


【**続き**】
[PR]

by azuretime | 2011-08-30 03:58 | ぼたんちゃん
2011年 08月 28日
今日はぼたんのお届け日。
とうとう、ぼたんをY様宅にお届けする日がやってきました。
母が先ほど少し目を赤くして、ぼたんにお別れの挨拶をしていました。
f0157400_23355571.jpg


私は、ぼたんを運ぶ旅の安全を祈念。
(運転手はKちゃん。。。大丈夫かな~!( ̄ロ ̄lll)
って、ウソウソ 笑。(´∇`)上手デス。ハハハ♪
そして、何よりも、何よりも。
ぼたんの一生続く幸せを祈念しました。
f0157400_3311970.jpg

何ソレ美味しいの?

f0157400_332054.jpg

舌が出てまちゅよ。




ぼたんは千鶴のことを慕っているので、
二匹の別れを思うと、ほんのちょっぴり切なくなります。
でも!! これからぼたんの幸せいっぱいな日々が始まるのです。(*´∀`)
少しの寂しさはすぐに和らいでいくことでしょう。
f0157400_403591.jpg

なめてもらっていい気持ち。うっとりご満悦なぼたんちゃん。

f0157400_3522395.jpg

「そこで何してるの?」

f0157400_3535110.jpg

甘えながらとてもいい気分で暴れているぼたん。(ちーに痛くない蹴りが入ってる)

f0157400_3531498.jpg

「(千)まったくしょうがない子だわ。」



ぼたんはこれから、世界一幸せになりに行くのです(@^-^)
ですから、笑顔でお別れです。
f0157400_420278.jpg




ちーたんも、寂しくなるね。('-'*)

f0157400_3555724.jpg

「ちょっとだけね。」




安全運転で行ってきます♪
[PR]

by azuretime | 2011-08-28 00:08 | ぼたんちゃん
2011年 08月 27日
ひと夏の千鶴の憂鬱
この記事、長いので、興味と御用のない方は完全スルー推奨です。( ̄ー ̄;)
もし今、家に先住猫が居て、二匹目の猫を迎えるか否か迷っておられる方は、
よろしければ、下記の【疑問】と、【自分なりの結論】だけ読んでください。


この夏 私が抱いた疑問と、
自分なりのその結論・・・


【疑問】

先住猫と、新入りの猫は仲が良くなれるか、なれないか?
それには、先住と新入りの性別や年齢差は関係するか?
その他の要素は存在するか?

【自分なりの結論】

猫同士の「性別」は、猫同士が仲良くなれるか否かを決する要素足らず、
あくまでも、先住と新入りの性格によるものである。
しかし、うまが合おうが合うまいが、ある程度の時間が経過すれば、
たいていの場合は
それなりにお互いの存在を認めあい、
そこそこ仲良くやっていく事が出来るものである。

それ以上にどれだけ深く仲良くなるかというのは、やはり猫同士の相性に因るところが大きい。


しかし、先住猫がある程度の年齢になっているか、あるいは老猫だった場合、
新入りの猫に馴染みにくい可能性が高い。
また、新入り猫が子猫だった場合は、先住猫が甚大なストレスを受ける事にもなり得る。
その場合、心労により、先住猫の寿命が短くなる事は多いに考えられる。
よって、猫同士の「年齢」は、猫同士が仲良くなれるか否かを決する要素足り得る。


逆に、先住猫が子猫で、新入り猫が老猫だった場合。
子猫は順応性が高いため、とくにひどい精神的ダメージは受けない可能性が高いが、
老猫の方はやはり、なかなか馴染めない可能性が高い。
しかし、これもやはり相性次第だと考えられる。
中には子猫の世話をするのが好きな猫も居る。
(雄猫でも子育て好きはいる。)


最後に、先住と新入りが両方とも子猫だった場合。
これが一番、うまくいく事が多いケースだと考えられる。
子猫は順応性が高く、また遊びたい盛りなので、お互いを良い遊び相手とすることが出来る。


いずれにしろ、このことは一朝一夕に分かるものではなく、
ある程度の時間が経過しなければ、事の真偽は分からない。
また、例外も沢山あるため、性急に結論を出すのは禁物である。



以上。

【*以下は、長い駄文*】
[PR]

by azuretime | 2011-08-27 23:37 | ぼたんちゃん
2011年 08月 26日
一緒がいいよね。
f0157400_272313.jpg

ぼたんは、ちーのことが大好き。
いつも後を追いかけ回して、ちーをちょっぴり困らせている。

ぼたんにとってちーは、お姉さんのような、お母さんのような、
そんな存在・・・なのだと思う。

私の事は、ご飯をくれる人だと思っている。 笑
[PR]

by azuretime | 2011-08-26 02:10 | ぼたんちゃん
2011年 08月 20日
モエ 改め ぼたんちゃん 里親様決定!
8月20日(土)、東京都の某所で開かれた譲渡会に、
わざわざ横浜市から足を運んでくださった里親希望のY様。

私が、こんな方だったらいいなと思っていたような
素敵な可愛い方でした。

車の中で猫を挟んで色々とお話をして、私は何となく安堵感を得ました。
何と何と、既にお名前も「ぼたん」にするのだと決めてくださっていました。
きっとこのご夫婦なら、終生ぼたんを大切にしてくださるだろうと感じました。

時々は、ぼたんの成長の様子を知らせて欲しいということや、
もし万が一、何らかの事情でどうしても猫を飼うことが不可能になった際には
私の所に戻して欲しいというお願いも快諾してくださいました。

Y様宅までぼたんをお届けにうかがうのはまだ一週間後です。
その日までに、いろいろと必要な物(フード類、猫砂、猫トイレや、爪とぎや、etc…)を
用意しておくのだと仰ってくださいました。
その他にも、ぼたんが普段遊んでいるオモチャや、フード類のメーカーなどについてもお聞きくださり、
私は気持ちがホッとし、そして明るくなりました。


車の中でずい分ホッとした私でしたが、
涙腺には頑丈にロックかけておきました。
お届けの日だって泣きません。
(一回目の譲渡会の最中は意味不明な涙が出てきましたが…)
Y様が帰られてから、里親会の方達から「(ぼたんと)お別れできるの~?」(¬з¬)( ̄ー ̄)  
と言われました。
なんの、こんなに明るい未来の見えるお別れなら、出来るに決まっています(@^-^)

しか~し、お届けの日までは我が家の家族。( ̄^ ̄*)
もうしばらく家族でいましょう、ぼたんちゃん。
f0157400_22913.jpg

先月の写真。今よりさらにあどけない。

f0157400_2343791.jpg

ミニ箒に跨って・・・魔女っ子!?

f0157400_236577.jpg

お腹パンパン。  「グゥ…」

[PR]

by azuretime | 2011-08-20 16:13 | ぼたんちゃん
2011年 08月 20日
二回目の譲渡会
今日はモエの里親になる事を希望してくださっている方が
横浜から譲渡会まで足を運んでくださる予定です。

初対面、どきどきです。
緊張してうまく喋れなかったらどうしよう^^;
いや、喋るぞ。うっしゃ。

雨が上がって良かった。
でもまだ雲行き怪しい。。
時間が経つ程に降水確率が上がるようです。

またモエちゃん鳴くなぁ。。
[PR]

by azuretime | 2011-08-20 11:28 | ぼたんちゃん
2011年 08月 15日
里親探し
昨日、猫の譲渡会に参加した。
モエは非常に人気で、モエのケージの前で
「この子、可愛い!」と声をあげる方が多数いらした。

昨日、一組のご家族様がモエの里親になる事をその場で希望され、
里親会のアンケート用紙に記入して行ってくださった。
そして、もう一組のご家族様は、遠方でありながら
「いつでも里親募集中」の募集広告を見てお問合せをしてくださっている。

里親を探す事の苦悩を、今しみじみと味わっている。

せっかく、保護した小さな命だ。
我が家のすぐ近くで2週間近くも一人きりで鳴いていたのだ。
終生変わらずに愛育してくださるご家庭に行って、
幸せを掴んで欲しい。
たとえ何があっても猫を手放さないという、かたい決意をしてくださる方を探したい。

間違っても里親詐欺になどあいたくない。
そのことを心から恐れている。

私の腕の中に入り込み丸くなって眠るまん丸な顔を見ていると
さまざまな思いが湧いて来てつきることがない。


f0157400_1221736.jpg
[PR]

by azuretime | 2011-08-15 12:06 | ぼたんちゃん
2011年 08月 14日
保護猫モエちゃん
これから譲渡会に行って来ます。
初参加です。

今日でちょうど保護してから一ヶ月目。
家の近くで一人でビービー鳴き続けていた小さな子猫は
一ヶ月で見る見る大きくなりました。

本当に可愛い子で
うちの子にしてあげたいのだけれど・・・

これは苦渋の決断なのです。
優しい里親さんが見つかると良いな。

もしどうしてもダメだったなら、
その時はうちの子に迎えたいと思うのです。

里親さんが見つかって幸せになるチャンスがあるなら、
初めから諦めてはいけないかなと。
でも、譲渡会に参加する側になるのって
こんなに切ない気持ちになるものなんですね。

いろいろと思うところはありますが…
では行ってきます。
[PR]

by azuretime | 2011-08-14 15:36 | ぼたんちゃん