カテゴリ:千鶴( 9 )

2013年 01月 10日
今日のひっつき虫
テトちー。
最近すっかり肩乗りネコになりました。

f0157400_17282.jpg


肩ももんでくれます。しかも左右。





-
[PR]

by azuretime | 2013-01-10 01:04 | 千鶴
2012年 04月 05日
愚問
なぜそこに入るのかって?
答えは簡単。
f0157400_1404694.jpg

「そこに開きっぱなしの引き出しがあるからよ」

[PR]

by azuretime | 2012-04-05 01:47 | 千鶴
2012年 04月 04日
我が家の美少女仮面
ちーぽりん参上。
f0157400_37362.jpg

なんかちょっと油絵っぽいテイスト。
[PR]

by azuretime | 2012-04-04 03:08 | 千鶴
2011年 09月 15日
気になるカサカサ
窓の外に、枯れた朝顔の蔓と葉が、カサカサと風に揺れていました。


f0157400_20455989.jpg

気になるんですあたし、あのカサカサしたのが…



f0157400_20474717.jpg

すごく!!



f0157400_20483890.jpg

あ~~、取りたいわ~~!

[PR]

by azuretime | 2011-09-15 20:51 | 千鶴
2011年 09月 14日
ひっつき虫
朝起きると必ず隣で寝てるちー。
f0157400_1630398.jpg

もうそろそろ、薄いブランケットだけじゃ寒くなるな。
[PR]

by azuretime | 2011-09-14 16:31 | 千鶴
2011年 09月 08日
飽くなき要求
忠猫ちー公は、釣竿遊びが大好き。
まさに、三度の飯よりも好きなのである。

私が学校から帰って、玄関のドアを開けると、ちー公は毎日必ず鳴きながら出迎えに来てくれる。
その後ちー公は、ソッコーで釣竿がしまってある私の部屋の白い扉の前に飛んで行って
座り込みをし、人の顔を見ながら釣竿遊びをしろと要求する。

「帰ったばかりで、今疲れているの。後で遊ぶから~(´Α`)」と要求を無視すると、
私が遊ぶまで不満タラタラ攻撃に出る。
(不満タラタラ攻撃とは、人の顔を見ながら、ぐちぐちと不満そうに鳴き続ける事。)

でも、私は(ほとんど)毎日、釣竿遊びをしてやっているのだ。
釣竿遊びの時、ちーはノリノリで獲物を追いかける名ハンターになりきる。
その間、私は逃げまどう哀れなヒモの役に徹するのだ。


今日は、学校から帰ってすぐに釣り竿遊びをしてやった。
ちーはいつものように、嬉しそうに獲物を追いかけるハンターになりきっていた。

しかし、10分くらい遊んでやっていたら、私は疲れてしまった。
釣竿を放って机の椅子に腰掛けた。

すると、足元で「ズルズル…コトン」という音。
見ると、ちー公が釣竿の柄をくわえて、私の足元に運んできていた。

f0157400_15414749.jpg

もっと遊んで。



そうなのだ。この猫は、私が遊ぶのをやめると、
釣竿をくわえて私のところまで運んで持ってくるのである。


f0157400_15463181.jpg

遊んでくれるまで、ここを動かない。



私が二階に居ると、一階から釣竿をくわえたまま
二階まで運んでくる事もある。
(初めてその光景を見た時、母は『何て健気な。そこまでして遊んで欲しいのか』と泣いたそうな。)

f0157400_15501430.jpg



本当はもっと沢山遊んであげたいのだけど、
なかなか満足いくまで遊んであげられていない。
ごめんよ、ちー公。
[PR]

by azuretime | 2011-09-08 15:53 | 千鶴
2011年 09月 08日
ここがいいんだ
f0157400_5375892.jpg

忠猫ちー公は、いつでも私のそばに居たい。
最近は、私の近く私を監視する事が出来る良いカゴを見つけ、
よくそこでくつろいでいる。
[PR]

by azuretime | 2011-09-08 05:42 | 千鶴
2011年 08月 31日
うっかり飲めない
ふと、テーブルの上を見ると、
千鶴が・・・!!


f0157400_20401397.jpg

「ゴクゴク」




コップからお水を飲んでいました(≡д≡)

おい~。


いくらいけないと叱っても、
テーブルに乗るのはやめないので、
それはもう諦めていたんですが…

f0157400_20434883.jpg

しばらく飲んだら、今度はチョイチョイ。



f0157400_20435927.jpg

手についた水をなめる。



いつもちゃんと、たくさん綺麗なお水を、千鶴の水入れに入れているのに、
何故かそういうところの水はあまり積極的に飲みたがりません。
蛇口から滴る水をなめたり、
湯船の底の水滴をなめたりします。


うっかりテーブルに置いておいた飲み物も飲めやしない…。
(´Α`)


あ、千鶴さんは、ぼたんちゃんがお引越しした日から
すっかり元に戻りました。 笑
さっそく甘えん坊全開です。
ベッタリ猫。
[PR]

by azuretime | 2011-08-31 20:54 | 千鶴
2011年 08月 18日
はじめまして、千鶴(チヅ)です。
長い間、ブログをお休みしていました。
(ご心配をしてくださった方へ・・・本当にすみませんでした。)
ブログをお休みしている間、いくつかの大きな変化がありました。
順不動になるかもしれませんが、おいおい、記載していきたいと思います。


我が家に家族が増えました。
三毛猫の千鶴(チヅ)です。
f0157400_14404831.jpg

「はじめまして。私、千鶴といいます。
普段はちーとか、ちーたんとか、ちーちーとか、ちー坊とか…いろいろな名前で呼ばれています。
でもどんな風に呼ばれても、自分のことだってすぐに分かるんです。
あと、肉球はピンクです。」



千鶴とは、昨年(2010年)の11月、
捨て猫・野良猫の保護や里親探しを民間で行っているボランティア団体が
定期的に定まった場所(路上)で開催している「譲渡会」で出会いました。
f0157400_14595354.jpg

↑うちに来て間もない頃の千鶴。
I love strings!




千鶴と出会った頃の私は、極度の猫欠乏症でした。
(猫欠乏症とは、猫に触ったり、猫と一緒に寝たり、猫と戯れたくて、のっぴきならない状態に陥る病のこと)
先代の猫ダイアナが亡くなるまで、家に猫が居ないという生活を送った事があまりなかった私でした。
ダイアナが亡くなってから4年の月日が流れ、その間、徐々に徐々に、猫恋しさが募っていました。


ダイアナを失ってからというもの、偶然 譲渡会をしているところを母と一緒に通りかかったりすると、
猫を貰おうかどうしようかと二人で悩んでしまい、その場から動けなくなることも度々でした。
(母も生粋の猫好き人間)
それでもなかなか、再び猫を我が家へ迎え入れることへの踏ん切りがつきませんでした。


昨年、千鶴と出会った日もやはり、私は譲渡会のケージの前から動けなくなったのですが、
その日はKちゃんと一緒でした。
心配そうに私を観察するKちゃん。。。
いつまでも猫達の入ったケージの前から動くことが出来ずにいる私に向かって里親会の方が、
「抱っこしてみますか?」と言ってくださいました。
私は確か、「抱っこしたら欲しくなってしまいますから… (汗)」と言ったと思います。
すると会の方が、「それなら是非 (笑)」と仰り、
その言葉に乗せられ、ついついケージを開けて貰い、千鶴を触ったのでした。
f0157400_1583623.jpg




ケージの中に手を入れて千鶴を触った瞬間、
暖かいものがいっきに心の中にあふれました。
よく覚えているのですが、千鶴は私が頭を撫でると、自分が座っていた姿勢から立ち上がり、
自分の頭をグイッと私の手の方に押し上げて応えてくれました。
(これはこの子の癖というか、義理硬い子で、今でもよくそうしてくれます。
主に機嫌が良い時。)


えも言われぬ柔らかくて暖かくて優しい手触り。
長らく猫に触れていなかったガランとした心に灯が点いたようでした。
私はいっぺんにこの子を好きになり、我が家に迎えたいと思いました。
f0157400_128139.jpg




それから後は、母に話をして承諾を得たり、里親会の人と諸々の手続きをしたりして、
数日後には千鶴は我が家にやってきました。
そして、一週間のトライアル期間が始まりました。
トライアル期間中と、その後しばらくの事は、またいつか書きたいと思います。
(まぁ、譲渡会の時のお利口さ加減とは打って変わって、手の付けられないじゃじゃ馬娘だったわけですが・・・)
f0157400_1565645.jpg

↑うちに来て間もない頃の千鶴





そうしてトライアル期間を経て、
千鶴は正式に我が家の一員となりました。
まだ体が小さな頃は、本当に手の付けられない暴れん坊だった千鶴ですが、
(暴れん坊だっただけで、性格は本当に可愛いです。)
今ではすっかり穏やかな性質の猫になりました。
まだ一歳と少しなのに、あの暴れん坊将軍がこんなに穏やかになってしまうなんて…と、
私も母も驚いています。
f0157400_1541187.jpg

「あの頃はこの熊を敵視していたわ。今では全然興味ないけどね。」



家の中の私の行く先々、どこにでもついて来て、
私がお風呂に入っていれば、ずっとお風呂の扉の前で待っていてくれ、
私が帰宅すると、倒けつ転びつ玄関まで迎えに来てくれ、
私が寝転がっていると、いつも傍に来て、時には私の背中や腹の上に乗って一緒に眠り、
そして、三度の飯より釣竿のおもちゃが好き!

そんな千鶴です。
どうぞ、よろしくお願い致します。
f0157400_240654.jpg

今はもうすっかり大きくなりました。

f0157400_258463.jpg

「よろしくお願い致します。」

[PR]

by azuretime | 2011-08-18 15:09 | 千鶴