<   2008年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2008年 07月 20日
VEGAN Healing cafe
先日、アースガーデンの帰りに寄ったVEGAN Healing cafeのこと。
f0157400_1962086.jpg

こちらのカフェは、渋谷駅から程近い場所に位置しています。
概観はこじんまり。お店の看板や屋根付近には緑のツタが沢山からまっていて、素敵でした。
入り口付近にはオープンテラスも。
涼しい時間帯に風を感じながらお茶出来るなんて、素敵ですね。
f0157400_1991392.jpg

店内も、広くはないのですが、内装は清潔感があり、天井が高く、とても居心地の良い空間です。
石造りの床が涼しげでしたよ。
f0157400_19102097.jpg


こちらのお店、メニューは全てVEGAN対応。
ベジタリアンのみならず、VEGANの方も、どのメニューも安心して注文する事が出来ます。
f0157400_205139.jpg

<メニューはこちら♪>

私は、FRIED SOY MEAT with brown rice / からあげ (玄米付き) と、SOY WHIP CAKE / 豆乳ホイップケーキ を注文しました。

お味は・・・

ソイミートの唐揚げですが、唐揚げの上にトロリとした餡がかかっていて、見た目は、言われなければ鶏の唐揚げ餡かけそのまんま。
f0157400_19182856.jpg

噛んでみると、肉よりも柔らかい食感ですが、大豆とは言えども立派なたんぱく質。
コクがあって、美味しかったです。
グズグズに煮込んだ肉にソックリ・・・と言えなくもないかな?
以前、ソイミートのナゲットを食べたことがあったのですが、それともまた少し違う味わいでした。
何にせよ、肉に未練のある方には、ありがたいお味と言えそうでした(笑)
でも、「肉もどきメニュー」としてでなくても、これはこれでとても美味しい唐揚げなのです。
特筆すべきはボリューム。かーなり、てんこ盛りでした。お腹一杯になれますよ(´∀`*)
f0157400_19283387.jpg


そして、デザートの豆乳ホイップケーキッ
こーれが、まった・・・
めっちゃ 旨かったっすよ!
f0157400_19302126.jpg

ひっさしぶりに、ホイップクリームを口にした私は、叫びました。
「ウマーーーーーーーーーッ」
もう二度と、こういうスイーツを口にする事はないと思っていたのに(大袈裟?)
と~っても優しいお味で、久しぶりにケーキを堪能したのでした。

ありがとう、シェフの方。
ありがとう、ウェイトレスさん。
ありがとう、オーナーさん。

因みに、こちらのカフェのオーナーさん・・・
動物問題から、自身もVEGANとなった方。
店内には、動物問題に関するフライヤーが沢山ありました。

VEGANやベジタリアンでなくとも、満足できること間違いなし!の、とっても素敵なカフェです。
お近くに行かれる際には、是非足を運んでみて下さいネっ☆

そうそう、こちらのお店で一般販売している「ソイマヨ」については、次回アップ予定・・・です。


もいっこ!
お店付近で、こちらの車をハッケン!!
f0157400_19375939.jpg

これは、これは、アレですよっ ほら!
f0157400_19383478.jpg

PETA's CAR!
拡声器付きですよ。かっこいいですね(笑)
どこかのサイトで、PETAの車を見かけたら気軽に声をかけて下さいと書いてあるのを見たことがあるのですが、この時は誰も乗っていらっしゃらなかったようです。
う~ん、残念。
[PR]

by azuretime | 2008-07-20 19:44
2008年 07月 12日
ペットショップを考える
ペットショップ。

それは、可愛い動物達が沢山居るところ。
f0157400_315083.jpg

ペットショップで、無邪気な顔をしている幼い動物たち。
f0157400_324838.jpg

うとうとしたり、寝転んだり、何かにじゃれたり。
f0157400_331355.jpg

通りがかりの人たちは、ウィンドウ越しにその子達を見ると、可愛さに思わず歓声をあげたりします。
f0157400_3403.jpg

「可愛い~!」「飼いたい!」「ママ、買ってよ」
f0157400_341740.jpg

そんな声が聞こえてきます。

でも、考えてみて下さい。

その子達は、売り物にされてはいるけれど、物品ではなく、生きている命です。
f0157400_345623.jpg

飼い方を知っていますか?
f0157400_3517100.jpg

どんなエサを、一日にどれくらい食べるのか?
f0157400_353733.jpg

運動はどれくらい必要なのか?
f0157400_355833.jpg

飼うには、どのくらいの広さを必要とするのか?

病気になったらどうするのか?
オシッコやウンチの世話は、365日毎日必要。誰がするのか?
f0157400_365277.jpg

動物も、人間の子供と同じで、幼い内はしつけが大変です。
わがままもあります。尻癖が悪く、なかなかトイレを覚えられない子も居ます。短気な子も居ます。

病気がちな子も居ます。いたずらっこも居ます。新しい家具で爪をといでしまうこともあるかも知れません。
f0157400_3132391.jpg

床に傷をつけてしまうかも知れません。
f0157400_372669.jpg

吠え声や鳴き声で、隣近所から苦情がきたらどうしますか?
f0157400_363654.jpg

それ以前に、住宅は動物の飼育が認められているのでしょうか?

長期の旅行に出る事はありませんか?もしあるとしたら、その間面倒を見てくれる人はいるのでしょうか?
そして・・・。生涯、変わらずに、家族の一員として愛せますか?

いつか年老いて、手がかかるようになっても。


もう一つ・・・考えてみて下さい。

ペットショップで売れ残った子たちは、どこへ行くのかを。
f0157400_361777.jpg

ペットショップでは、まだ幼い動物しか見かけないと思いませんか?

ペットショップで、立派な大人になった動物や、もしくは老犬や老猫などを見たことはありますか?

私はほとんどありません。

売れていくのは、まだあどけなさを残した子供がほとんどです。

その方が消費者の購買意欲をそそるから。

でも、ペットショップに居る全ての動物達が、綺麗さっぱり大人になってしまう前に売れていくと思いますか?
f0157400_391312.jpg

売れ残って買い手のつかない子たちは、ペットショップのオーナーさんが全部自宅に引き取って、終生大切に飼っているのでしょうか?

実は、売れ残った子達は、実験動物に安く払い下げられたりしています。
f0157400_393557.jpg

健康なのに、わざと毒を飲まされたり、手術をされたりして、挙句の果てには殺されるのです。

少しだけ、疑問に思って下さい。

この子たちは、どこから来て、どこへ行くのかを。
f0157400_394731.jpg


一生涯を共にする家族として、動物を我が家に向かいいれたいのなら、命も感情もある動物をモノのように店頭で買うのはやめましょう。

ペットショップがある限り、ペットショップでお金を払って動物を買う人が居るかぎり、不幸になる動物はいなくなりません。

日本では、毎年36万匹もの犬や猫が飼い主に捨てられ、行政の手で税金によって殺処分されています。

行政による殺処分・・・それは安楽死とはほど遠い、密室への炭酸ガス注入による窒息死です。恐怖と苦痛に満ちた死なのです。

殺処分を待つ動物達に新しい飼い主が見つかるのは、犬で約3%、猫ではわずか0,6%にすぎません。

犬や猫を飼いたい人は、行政の施設で殺処分を待つ犬や猫を引き取るか、捨て猫や犬を保護して里親探しをしている個人のボランティアさんが沢山いらっしゃいますから、

出来るだけ、そういう方たちから譲り受けるようにしましょう。

どうしても純血種の犬や猫を飼いたい人は、先進国では、自らブリーダーのもとに訪れて、飼育環境や親兄弟の様子を見て決めるのが一般的になっています。

それぞれの種の性格や習性をよく知り、直接自分で繁殖場を訪れてみましょう。

命は、売り買いすべきモノでは、ないと思いませんか?

「ペットショップ」 … この言葉、軽薄な響きだと思います。
[PR]

by azuretime | 2008-07-12 14:18
2008年 07月 06日
アースガーデン”夏”
今期のアースガーデン”夏”が、7月5、6日(土日)で開催されています。
f0157400_131377.jpg

私は今回、ALIVEのブースでパネル展のお手伝いで参加。
パンフレット配布や動物虐待への法規制強化請願の署名活動などをしています。
f0157400_143447.jpg

うだるような暑さの中、会場には様々な趣向のショップが出ており、みな生き生きとしていました。
明日も引き続き会場におります。
近隣の方でお時間がある方、是非ALIVEのブースにお立ち寄り下さい(´∀`*)
[PR]

by azuretime | 2008-07-06 01:05