<   2010年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

2010年 09月 21日
毛皮反対デモ行進2010
今年もこの季節がやってきました。

2010年10月24日に「毛皮反対デモ行進」があります。



私達は沢山の命を食べます。
食べて生きています。
命があるものは皆そうです。



でも、なるべくなら無益な殺生はしたくありません。
なくてはならない死 以外の死は、極力減らすべきだと思います。



動物にも人間と同じく、生まれながらにある一定の幸福を得る"権利"があると思います。
しかし毛皮にされる動物達は生まれてから死ぬまでただの一時の安息も得られません。
彼らにあるのは、狭く不衛生な檻の中の空間と、恐怖と絶望と仲間の悲鳴ぐらいのものです。



もし毛皮がなくても私達は死にませんし、そんなにひどく困りはしません。
日本は毛皮がなくては暮らせないような寒い風土ではありません。



だから、"装飾品"としての毛皮には断固反対したいと思います。
毛皮にされる動物達がどんな目に遭っているのかをまだ考えたことがない人には、
一度真剣に考えてみて欲しいと思います。
虚栄のためだけに命を踏みにじっても良いものでしょうか。
他の命を思いやれない人がどんなに着飾っても本当に美しいのでしょうか。



f0157400_128271.jpg




日程:2010年10月24日(日曜日)
時間:13:00 集合開始
集合場所:代々木公園B地区並木道(渋谷駅ハチ公口徒歩5分)
飛び入り参加OKです。
詳細は【コチラ】でご確認下さい。

[PR]

by azuretime | 2010-09-21 01:58
2010年 09月 20日
あれから一年
月日は淡々と流れ、
Uが逝ってから、もう一年が経ってしまった。
あの日から逝ってしまったUの事を思わない日はなく
いつも私の心のどこかしらにUは居る。


Uは優しすぎる人だった。
生前からずっと天使のような人だと思っていた。
あまりに人間らしからぬ優しさをもった人だったから、
この世界には少し合わなかったのかも知れない。
でもUは優しいだけじゃなく、とても強い人でもあった。
Uが居なくなることでそのことを知る羽目になったのが悲しい。


Uがこの世界に居たこと、同じ時間を共に過ごしたこと
27歳という若さで逝かなければならなかったUの悔しさや悲しさ
どんなに辛い時も誰にも怖れや怒りをぶつけなかったUの強さや優しさを
私はずっと忘れないでいよう。


私にとってUがこの世界に居たことが嘘でない証はほんの少しの写真だけだ。
こんなに早くいってしまうなら、もっと沢山撮っておけば良かったと後悔している。
[PR]

by azuretime | 2010-09-20 03:18