<   2011年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2011年 09月 26日
うぅ…
いよいよ今月最後のテスト三昧の一週間が始まります。

金曜日の試験が終わるまで何とか頑張ろうと思います。

最近ほんと栄養ドリンク飲みすぎ。

げぷぅ…。
[PR]

by azuretime | 2011-09-26 00:53
2011年 09月 20日
夏休みの思い出 ・・・プールと絶叫マシンと剥けた皮・・・
今年の夏休みに、としまえんに行きました。

プールで満足するまで泳ぎ、(と言えるほど泳げないけど)
その後、遊園地へ行きました。


私は絶叫マシンが大好き↑↑なのですが、
一緒に行ったKちゃんは、グルグル回る乗り物が大の苦手↓↓。

f0157400_2057183.jpg

止まってるウェーブスィンガー





↓↓  か~ら~のぉ~ (あやまんJAPAN風に。)   ↓↓





f0157400_20571784.jpg

ぶ~ん ぶ~ん ぶ~ん ぶぶ~ん ぶ~んぶ ぶ~ん♪




ハイジになった気分で、すごーく楽しかったですヾ(´∇`)ノ口笛はなっぜー♪
(正直、Kちゃんには申し訳なかったな。苦笑)




f0157400_13161618.jpg

その後はぐったりKちゃんとのんびりまったり汽車に乗り・・・




f0157400_1317158.jpg

初めてセグウェイに乗りました!
前傾姿勢になるのがちょっと難しかったです。(私が乗ったのは、若干充電不足っぽい気もしました^^;)




この日、ものすごく日焼けしたので、後から肩の辺りが大変な事になりました。
(むぁっかっかに!)




そうそう!いつか、富士急ハイランドの、高飛車に乗ってみたいです。
乗ってから猛烈に後悔するかもしれないけど。
あれって、降下角度が90度より31度もエグれるんですよね。  

でも、考えてみたら、宙返りするジェットコースターはみんな、
宙返りで頂点越えた後は滑降角度が90度よりエグれてますが・・・
でもやっぱり高飛車は一味違うはずなのです!ヾ( ̄ω ̄〃)ノ


後日、Kちゃんが「肩から大きな皮が剥けた♪♪」と、喜んで画像付きのメールを送ってきました。


【ウスバカゲロウの羽?のような皮】
(皮なので見たくない方はクリックしないでくださいね。m(_ _ )m)
[PR]

by azuretime | 2011-09-20 20:32
2011年 09月 19日
ゴロゴロゴーヤ
もうゴーヤの時期も終わりだな~と思っていましたが、
先日、葉っぱの間をよくよく見てみたところ結構まだ実がぶら下がっていたので、
一気に収穫しました。

f0157400_20293544.jpg

なんじゃこりゃ、クンカクンカ。



f0157400_20323912.jpg

ふぞろいのゴーヤたち。




黄色いのはさすがに棄てましたが、あとのものはゴーヤチャンプルーにして食べました。
ゴーヤというとこれしかレパートリーがない私・・・( ̄ー ̄;)
[PR]

by azuretime | 2011-09-19 20:38
2011年 09月 18日
不可解な夜
昨夜、最寄駅までKちゃんを送っていた時の事。
駅前の小広場で、人が倒れていた。

広場には人が数人居て、
おじさんが倒れているのを知ってか知らずか、
それぞれ思い思いに過ごしていた。
そんないつも通りの風景の中、おじさんは一人倒れていた。
何とも妙だった。


酔っ払いか?
寝ているだけか?
まさか、死んでる?
いや、もしかしたら何かの発作で苦しみ中?



Kちゃんと相談して、声をかける事にした。


「あの、大丈夫ですか?」


おじさんの意識はあり、会話も出来た。
「心臓が苦しくて起き上がれない。
ニトログリセリンの薬を二錠飲んだ。
救急車を呼んで欲しい。」

私は急いで119番をした。


救急車が来るまでの間、私達とおじさんは会話をしていた。
おじさんはその間ずっと横たわったまま起き上がれないで居た。

およそ5分後くらいに救急車は到着した。(何故か消防車まで来た。)
救急隊員が数人でガラガラとストレッチャーを持ってきた。

私達は、通報した者だと名乗り、救急隊員と少しだけ会話をし、
その場を離れた。
気になったので、しばらくの間、遠くから見守っていた。

しかし、、、
いつまで経ってもおじさんがストレッチャーに乗せられる事はなく、
地べたに寝転がったまま救急隊員と話しをしている。
やがて、救急隊員はぞろぞろと引き上げだした。

「えええ?どうしたの?」
わけが分からず見守っている私達に、
救急隊員の一人が声をかけてきた。

「通報してくれた人ですか?」
「はい。」
「あの人、よくやるんですよ。今、警察呼びましたから。」
「ええっ!?そうなんですか?」

わけがわからない。
が、そういう事らしい。
狂言倒れ・・・っていうのがあるのか。
おじさんは、本当に具合が悪いわけではなかった・・・?

さっきまで苦しそうに寝転がっていたおじさんは、立ち上がって、
救急隊員に罵声を浴びせてる。
「オイ!逃げるのか!」
元気そうである。


ううーん。。。
何だコレ。

何が何やら分からないが、
こういう事もあるんだなと思った。
それでもやっぱり、地面に寝転がっている人が居たら、
声をかけないわけにはいかないだろう。

いっぱい食わされた?不可解な夜だった。
[PR]

by azuretime | 2011-09-18 15:23
2011年 09月 15日
気になるカサカサ
窓の外に、枯れた朝顔の蔓と葉が、カサカサと風に揺れていました。


f0157400_20455989.jpg

気になるんですあたし、あのカサカサしたのが…



f0157400_20474717.jpg

すごく!!



f0157400_20483890.jpg

あ~~、取りたいわ~~!

[PR]

by azuretime | 2011-09-15 20:51 | 千鶴
2011年 09月 14日
ひっつき虫
朝起きると必ず隣で寝てるちー。
f0157400_1630398.jpg

もうそろそろ、薄いブランケットだけじゃ寒くなるな。
[PR]

by azuretime | 2011-09-14 16:31 | 千鶴
2011年 09月 12日
トリアージの必要性を考える
先日、トリアージ訓練についての記事を書きました。

トリアージとは、平たく言えば人の命の優先度を判断する事です。


本来、誰をも、もれなく救う事こそ、医療の目標であり、精神です。
そんな中、トリアージは例外中の例外の行為だと言えます。


トリアージは、大規模な災害や、大規模なテロリズムなどにより
多数の死傷者が発生し、医療に携わる人材や必要物資が著しく不足していたり、
全ての傷病者を病院に搬送する事が非常に困難だと判断された場合にのみ
行われるべきだと思います。


2008年に東京の秋葉原で発生した無差別殺傷事件の際、
トリアージは行われました。
実際、事件が発生した直後に、即座に救急隊が被害の概要や規模を
正確に把握する事は困難なのかもしれません。
しかし、後から検証すれば沢山の問題点が見えてもきます。


トリアージの必要性や、医療の精神、
改めて、しっかり考えなおしてみたいと思いました。


【動画】サキヨミ 秋葉原トリアージ(外部サイト)
[PR]

by azuretime | 2011-09-12 23:40
2011年 09月 12日
命日
今日は友人の命日。
彼が亡くなってから二年が経ちました。

病が発覚してから一年足らず、
本当にあっという間に、彼は旅だってしまいました。
亡くなったのが事実だという事はちゃんと理解していますが、
二年経った今でも、何だか信じられないような気がしています。
あまりにも、あんまりな出来事、すぎましたから。

亡くなる30分前の穏やかな顔を思い出します。
話したい事は沢山ありましたが、
最後の方はもうお話する事は出来ませんでした。

27歳で逝く事はないのに。
この世でこれから沢山やりたい事があったのだろうに。
私は今でも可哀想で、残念でなりません。

でもきっと可哀想なんて思われたくはないでしょうから、
やめます。
友人は、浮世離れした優しさと、心の強さを合わせもった人でした。
そんな友人だったので、きっと天上に早く帰ってくるようにとお達しがあったのかもしれません。
こういうと戯言のようですが、本当に誰もがそんな風に思ってしまうような人でした。

心根の優しい才能豊かな人が病で早世する事がなくなって欲しいと、
心から思います。

*****
10/10追記

今年も毛皮反対デモ行進の季節が巡ってきました。
彼が熊本から東京までデモのためにかけつけてくれた事、
物凄く恥ずかしがり屋なのに、頑張って動物の耳のカチューシャをつけて歩いた事、
絶対忘れないよ。
[PR]

by azuretime | 2011-09-12 00:00
2011年 09月 11日
防災訓練 救急の日
私が現在通っている某看護学校にて、先日、9月9日(救急の日)
防災訓練が行われました。

1年生~3年生までの全員参加です。

この防災訓練では以下の演習を行いました。
・救護活動
・けが人を助けながらの避難訓練
・避難はしごを使った避難訓練

そして、今年からはじめて
トリアージ訓練も加わりました。

トリアージとは、災害発生などにより
傷病者が多数生じ、人材も物資も限られ、混乱した現場において
最善の救命効果を得る為に、
医療従事者が多数の傷病者を、重症度と緊急性によって分別し、
治療の優先度を決定する、災害医療行為です。

トリアージを行う側は、傷病者の腕にタッグを取付け、
聞きとりや所見等で対象者の優先度を判定していきます。

f0157400_12394342.jpg

これがトリアージ・タッグ。
各色がミシン線で切り離せるようになっている。



以下が、タッグの各色の意味です。

(Black Tag) カテゴリー0(死亡群)
※その時点でまだ息があるが、治療を施しても生存の見込みがないと判断された場合もこのカテゴリに含められます。
(Red Tag) カテゴリーI(最優先治療群)
(Yellow Tag) カテゴリーII(待機的治療群)
(Green Tag) カテゴリーIII(保留群)


トリアージの語源はフランス語のtriage(選別)です。
医療倫理において、しばしば非道とされるトリアージ。
人間を、その命を選別する事は、本来決してあってはならない事なのかもしれません。
しかし、人も物資も限られた極限状況においては、
手のほどこしようのない人間を救助するよりも
緊急に手当てをすれば助かる見込みのある人間を優先的に処置する事は、
致し方ない事なのかもしれません。
そうは言っても、自分の身辺に置き換えてみたら、果たしてそう言って納得できるのでしょうか。
私には分かりません。
それに、トリアージの判断に絶対に間違いがないという事もありません。
本当は助かる見込みのある対象者に黒タグを付けてしまう事もあるかもしれないのです。


トリアージを行う側の人間は、
本当にトリアージを行わざるを得ない状況なのかどうかを的確に見極められ、
また、優先度の判断を誤らない豊富な知識を養い、多くの経験を積んでおく必要があるのです。
いずれにしろ、トリアージは最終手段の医療行為であるべきだと思います。



当日、私は怪我人役をする事になりました。
あみだくじで引いた私の怪我の内容は、「顎打撲」でした。
軽症者の為、緑のタッグを付けられました。
今回、主にトリアージする側を担う3年生を混乱させるべく、
先生方から迫真の演技を要求されていたのですが、
そんな事言われたって焦っちゃうし(・ω・A;)
でも自分の中では女優賞ものの演技で頑張りましたよっ!!
顔を包帯で巻かれました。
ゆるかったな~。 笑


今年からトリアージ訓練を導入することになったいきさつについては、
3.11の東日本大震災の発生が大きく影響しているのかもしれません。
いつ何時、何が起こるか分からないという事を、
医療従事者を目指す私達は、なおさら心の片隅に留めておかなければならないのでしょう。
[PR]

by azuretime | 2011-09-11 13:21
2011年 09月 11日
ピンチ
9月15日、解剖生理学の試験です。
今回はちとヤバッッ( ̄▼ ̄|||)
[PR]

by azuretime | 2011-09-11 12:16