<   2011年 09月 ( 18 )   > この月の画像一覧

2011年 09月 10日
夏を越せなかったプリムラ
今年の三月まで勤めていた会社を辞める時、
同僚からプリムラの小さな鉢植えを貰った。

プリムラはヨーロッパ原産の、
冬から春にかけての鉢花である。

プリムラには沢山の種類があるようだが、
私が貰ったものは、いくつかの小さな黄色い花をつけていた。

プリムラは、毎日次々と新たな花を咲かせてくれた。
朝、水をあげる時間がとても楽しみになった。

そのプリムラも、花が咲き終わり、ついに葉だけになった。

プリムラの鉢についていた説明書には、
繁殖については、本来は宿根草なので、10月過ぎに株分をして殖やす とあり、
また、越冬については、比較的耐寒性があるが、
逆に20℃以上になる室内では高温が株を弱らせる事がある
とあった。

私はプリムラを枯らせたくなかったので、
日本の夏を越すのは難しそうだと思ったけれど、
葉だけになったプリムラに、毎朝水をあげ続けた。

やがて、夏がやってきた。
プリムラは猛暑の中、なんとか生きていた。
連日35℃を越す暑さの中、葉っぱは見るからにヨレヨレになり、
何度も、もう枯れそうだと思った。
しかし、なるべく涼しいところに鉢を置き、
葉の先の方が腐りかけたり、枯れてしまったの取り除きながら、
プリムラを励まし続けた。

そんな暑いさかりのある朝、見るとプリムラが2、3枚ほどの新しい葉っぱをつけていた。
私は驚き、そしてとても嬉しかった。
一番辛い峠を越したのだと思った。
「もう少し頑張れば涼しい秋がくる。そうしたら広い鉢に植え換えてあげるからね」と、
プリムラに言った。
f0157400_15142949.jpg

中心からもさらに小さな葉が…



しかし、プリムラは死んでしまった。
先日、やはり周りから葉っぱがどんどん枯れてきているので、
根の方がどうなっているのかを見ようと、
葉をほんの少し引いたら、
根の方から株ごとぷつりと切れたのだ。
f0157400_15152343.jpg



もう限界まで弱りきっていたのかもしれない。
夏を越してくれるかと思っていただけに、
残念だった。

可哀想な事をした。
日本の気候に合わない植物を育てるものではないと思った。
[PR]

by azuretime | 2011-09-10 15:18
2011年 09月 08日
飽くなき要求
忠猫ちー公は、釣竿遊びが大好き。
まさに、三度の飯よりも好きなのである。

私が学校から帰って、玄関のドアを開けると、ちー公は毎日必ず鳴きながら出迎えに来てくれる。
その後ちー公は、ソッコーで釣竿がしまってある私の部屋の白い扉の前に飛んで行って
座り込みをし、人の顔を見ながら釣竿遊びをしろと要求する。

「帰ったばかりで、今疲れているの。後で遊ぶから~(´Α`)」と要求を無視すると、
私が遊ぶまで不満タラタラ攻撃に出る。
(不満タラタラ攻撃とは、人の顔を見ながら、ぐちぐちと不満そうに鳴き続ける事。)

でも、私は(ほとんど)毎日、釣竿遊びをしてやっているのだ。
釣竿遊びの時、ちーはノリノリで獲物を追いかける名ハンターになりきる。
その間、私は逃げまどう哀れなヒモの役に徹するのだ。


今日は、学校から帰ってすぐに釣り竿遊びをしてやった。
ちーはいつものように、嬉しそうに獲物を追いかけるハンターになりきっていた。

しかし、10分くらい遊んでやっていたら、私は疲れてしまった。
釣竿を放って机の椅子に腰掛けた。

すると、足元で「ズルズル…コトン」という音。
見ると、ちー公が釣竿の柄をくわえて、私の足元に運んできていた。

f0157400_15414749.jpg

もっと遊んで。



そうなのだ。この猫は、私が遊ぶのをやめると、
釣竿をくわえて私のところまで運んで持ってくるのである。


f0157400_15463181.jpg

遊んでくれるまで、ここを動かない。



私が二階に居ると、一階から釣竿をくわえたまま
二階まで運んでくる事もある。
(初めてその光景を見た時、母は『何て健気な。そこまでして遊んで欲しいのか』と泣いたそうな。)

f0157400_15501430.jpg



本当はもっと沢山遊んであげたいのだけど、
なかなか満足いくまで遊んであげられていない。
ごめんよ、ちー公。
[PR]

by azuretime | 2011-09-08 15:53 | 千鶴
2011年 09月 08日
ここがいいんだ
f0157400_5375892.jpg

忠猫ちー公は、いつでも私のそばに居たい。
最近は、私の近く私を監視する事が出来る良いカゴを見つけ、
よくそこでくつろいでいる。
[PR]

by azuretime | 2011-09-08 05:42 | 千鶴
2011年 09月 04日
夏休み終了
明日からまた学校です。
これから、(今までもそうでしたが…)また、けっこう不定期更新になると思います。

とりあえず、モードを切り替え、試験勉強など頑張りたいと思います。
夏休みボケを早く治さないと大変だ・・・(-ω-;)


今日、長く伸ばしていた前髪を切りました。
気持ち的には、5歳くらい若返った感じです。


f0157400_18452084.jpg




ところどころ、秋の空です。
[PR]

by azuretime | 2011-09-04 18:56
2011年 09月 04日
空を求める時
書いてあった記事があったのですが、
掲載出来なくなってしまいました。
残念…。

空を見上げたくなる時ってありますよね。
私は、心が苦しい時、いつも空に救われてきました。

空はいつでも大きく、
懐深く、さらさらな風が吹いています。
[PR]

by azuretime | 2011-09-04 15:21
2011年 09月 03日
夏の風物詩
今年の夏は、あまりカキ氷を食べる機会がありませんでしたが、
夏休みの間に上野の桃林堂さんで食べたカキ氷、とても美味しかったです。


f0157400_0482835.jpg

何となく風流な店内でした。



f0157400_051348.jpg

甘くない抹茶シロップの下には、小豆と白玉がたくさん。
大人味の宇治金時でした(´∇`)




とっても美味しかったのです。
また食べたいなぁ。
[PR]

by azuretime | 2011-09-03 20:07
2011年 09月 02日
耳カットの猫・・・地域猫
先日、上野界隈を歩いている時のこと。

道路脇に、猫達がくつろいでいるのを見つけました。

f0157400_011215.jpg


その場に居たどの猫も、片方の耳がカットされていました。

猫の耳カットは、不妊・去勢手術済みの証です。
(似ている子が多いので、同じ子を再び手術してしまうことを避けるための目印です。)

f0157400_0135698.jpg

この子は、結構ガッツリとカットされていますね。



あんまり深く切れ過ぎていると、ちょっと痛々しいのですが、分かりにくいよりは良いのかな…。
現状、これが一番見分けるのに良い方法だとは思います。
(ピアスだと外れてしまうこともありそうですし、イレズミは遠くからだと一目でパッと分からないかも。)


不幸になる野良猫を増やさない為に、地域の住民が協力して、
捕獲し、不妊・去勢手術を施し、元の場所に返すという活動の輪が、
今じわじわと広がってきているように思います。
この活動を、TNR活動といいます。

(Trap)…捕獲して
(Neuter)…手術を施し
(Release or Return)…元の場所にかえす

f0157400_0202194.jpg

お尻だけしか撮れなかったこの子も、ちゃんと耳カットされていました。



そうして、手術が済んだ猫達は、地域猫として、
地域住民の手で保護・管理するのです。


私は、TNR活動、地域猫活動を応援しています。
TNR活動は、地域住民の方々との連携が必須になります。
自分にも出来る事があれば、積極的に関わっていきたいと思います。


地域猫活動について、漫画で詳しく勉強出来るのは【コチラです】
[PR]

by azuretime | 2011-09-02 19:55
2011年 09月 01日
ペットショップ(生体販売)について思うこと
ペットショップにおける生体販売(生きた動物そのものをショーウィンドウに並べて展示する販売方法)について思うこと。


私は、ペットショップでの生体販売には反対の立場です。
ペットショップでの動物の展示販売には疑問を覚えざるをえません。


ペットショップのショーウィンドウに並んでいるのは、
本来であれば、まだ母親や兄弟と一緒に過ごす事が必要な月齢の子ばかりです。

消費者に、可愛いさかりの動物の赤ん坊を見せ、
購買意欲を煽り、衝動的に買わせることをいとわない、この販売方法はいかがなものでしょう。


この販売方法こそが、動物の飼育について知識に乏しく、計画性のない消費者を、
安易な気持ちで動物を購入し、そして途中で飼育を放棄させ、
動物を遺棄・或いは保健所に持ち込むという行動に走らせているのではないでしょうか。


売買しているのは、モノではなく、「命」ですよね。
その命を、ショーウィンドウに並べ、昼も夜も煌々と明かりで照らす行為の無神経さ。
動物の生理学に対して全く配慮がありません。
売り物がいつでも可愛く見えさえすれば、それで良いのでしょうか。
f0157400_22331063.jpg

命を大安売り中




彼らのストレスは誰が緩和してくれるのでしょうか。
母親に甘えたい寂しさは、
四六時中、多くの人の視線を浴び続ける苦痛は。


金の為の道具にされた彼らの行く末は、決して幸せなものばかりではない筈です。

■犬猫の処分数の推移は【コチラ】

犬の殺処分数は年々減少していますが、猫は横ばいです。
犬も、減少傾向にあるとはいえ、まだまだ殺処分数ゼロには程遠いというのが現状。
犬も猫も、本来人間の都合で殺処分にするなど、あってはならない事ではないでしょうか。

処分される犬猫達は、もともとペットショップに並んでいた子達も
決して少なくはないのです。
(保健所での殺処分は、安楽死ではありません。苦しい窒息死です。)
この現状を知れば、ペットショップの横を「可愛いね。」とだけ言って通り過ぎる事は出来ません。


お金さえ払えば誰でも動物を買う事が出来るシステム、
この国でも、もうそろそろ改めるべきじゃないのでしょうか?


大きくなり過ぎて、売れ残ってしまった子たちの行方は?
その子達は一匹残らず誰かが引き取って、生涯、手厚く面倒をみてくれているのでしょうか?
私達には決して公表されない事実が沢山あるのだと思います。


ペットショップは、そろそろ変わっていかなければならないのではないでしょうか。
[PR]

by azuretime | 2011-09-01 22:07